読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームの話ばかりで人生設計が地下迷宮。

ゲーム(たまに雑記)を中心に話を垂れ流す、見る人のハートを損得+-ゼロにする日記。つか要点掴んで話するの苦手なので最早ダイイングメッセージ。

KOF 初心者のためのキャラ別攻略 アリス編

いや、すみません。 KOF攻略、すっかり忘れていました。 お久しぶりになりますが、今回はそろそろ新キャラを紹介していきたいと思い、女性格闘家チームよりアリスを選出しました。コンシューマには初登場のアリスですが、初出はパチスロの『餓狼伝説』でして…

ゲーム垂れ流し45本目 龍が如く 極

一年に必ず1度は発売された、セガの大人気シリーズ「竜が如く」も、主人公である桐生一馬の物語は一旦終演を迎えました。一作目から興味はあったのですが、当時は実家にいたのでプレイ出来なかったんですよね。 息子がキャバクラで遊んでいる姿を両親に見せ…

ゲーム垂れ流し44本目 バトル・マスター -究極の戦士達-

ゲームをプレイしている時、その内容やシステムは充分に面白く楽しめているのに、すごくどうでも良い点にツッコミを入れてしまうことはありませんか? そこが批判点になるわけでは無いけれど、一度ツッコんでしまったら無性に気になって仕方がない… ゲームが…

久しぶりにドラゴンズクラウンのオンラインを。

やっぱり楽しいですね、オンライン。 ここ最近のゲーム生活を振り返ってみると、コンボの研究やデータベース作成、ブログで必要な資料集めなど、一人でゴソゴソしていることが多かったことに気付きました。せっかくネット環境があるのにソロゲーム生活を続け…

1つのことだけに取り組むのは、贅沢なことなのかもしれない

先日、職場の部下と帰りに適当に飯食って帰ろうぜ、とラーメンを食べにお店に入りました。どうも部下はハマっているスマホゲームがあるらしく、ラーメン待ちの間はずっとプレイしていました。それに対して話をしろよ、と嘆く上司もいますが、僕はあまり気に…

『ビール』ではなく『エール』なファンタジー

社会人になってからは体力や気力、ゲームをする時間など、失ったものは多いですが得たものもあります。 居酒屋で引っ掛けるビール。 仕事上がりの一杯が肝臓と心に染み渡ります。 あまりお酒は得意ではありませんが、節度を守って飲めたならば楽しめる、大人…

ゲーム垂れ流し43本目 ユーラシアエクスプレス殺人事件

映画では良くあることですが、ゲームにおいても有名な役者の起用を大々的に宣伝することは珍しくありません。 「龍が如く」シリーズは数多くの俳優が演じており、新作が発表される度に誰が登場するのか、ファンの方は心待ちにしているでしょう。 ・「プロジ…

KOF14 初心者のためのキャラ別攻略 K'編

けっこう間隔が空いてしまいましたが、今回はK'を攻略していきます。当初は言動が乱雑な部分も見受けられましたが、作品が進むにつれて身近な人にはある程度は気遣う部分を見せることが増えてきました。「ネスツ編」の主人公を務め上げた彼ですが、京や庵の…

ゲーム垂れ流し42本目 奇々怪界あどばんす

このシリーズを初めて見たのは、デパートのおもちゃ売り場でした。SFC版だったと記憶していますが、独特なパッケージに惹かれたのか、ずっと眺めていたのは何故か忘れられません(どうでもいい話ですが、その隣のソフトは『餓狼伝説』でした)。学生時代のある…

KOF14 初心者のためのキャラ別攻略 草薙京編

記念すべき第1回ということで、まずはKOFの主人公格ともいえるキャラクター、草薙京を攻略していきたいと思います。「オロチ」までは学ラン、「ネスツ」以降はスタイリッシュな服装の彼ですが、14ではセンター分けに近かった髪型もちょっとスッキリしました…

KOF14 触れてみた感想&雑感

つい先日、KOF14を購入しました。 最近はP4UとDOA5しかプレイしていなかったので、コンボの入力がかなり雑になっていたことに反省しております。グラフィックはこれからに期待、といったところですが、対戦ツールとしてはかなり面白いです。ただ、KOFは魅力…

歴代パワプロのペナントで印象に残った助っ人外国人

僕らの世代はこれで野球のルールを覚えたと言っても過言ではないくらい、クラスのみんなでやりまくった「実況パワフルプロ野球」シリーズですが、大人になった今も懲りずにプレイしてますね。いつからか、12球団の監督さながらにシーズンを通してプレイする…

ゲーム垂れ流し41本目 パンツァードラグーン

大変、大変申し訳ないのですが、今回の作品をプレイしたきっかけは、「父が酔っぱらって購入した」という、突然の出来事がなければプレイしなかったでしょう。「酔っぱらいはロクなもんじゃない」というのが僕の持論ですが、この時ばかりは撤回しようかと思…

転換期を迎えたシリーズの現在

1つのゲームが評価され、シリーズとして続いていくのは嬉しいことですね。何かしらが評価されて人気が出たわけですから、続編はそのシステムを根幹に、新たな物語や要素を追加しながらシリーズを形成していきます。 ところが、続編を積み重ねていくと、ター…

「マリオ」は現在において唯一無二の万能キャラクターかもしれない。

だいぶ前に友人から「マリオについて語って欲しい」との要望があったのですが、これが考えてみるとなかなか難しく、ここまで先延ばしになってしまいました。 マリオほど知られているゲームキャラクターになると、思い付くことは色々あるのですが、どれもが「…

2017年に発売される、煩悩あふれるムフフなゲームを紹介!

今年もあと残り僅かとなりましたが、皆様のゲームライフは如何でしたか?良いゲームに巡り会えたならなによりですね。そして来年もたくさんのゲームが発売されますから、今からチェックする方、めぼしいものを見つけた方など、楽しい一年になると良いですね…

ゲーム垂れ流し40本目 レッスルエンジェルスSURVIVOR

皆様はプロレスって観戦しますか?僕は社会人になってからは一度も見れていませんが、学生時代はプロレス見たさにホールや総合体育館に足を運んでいました。 そのおかげでプロレスのゲームもプレイします。作品によっては経営者になってプロレス団体を運営す…

ゲーム番外編 体力値の認識

ゲームのエンディングを迎える他にも、ゲームオーバーによって終わりで締め括られる場合も一時的とはいえ1つの区切りになると言えますね。 ゲームオーバーになる要因は様々ですが、その中でも「体力(ライフ)が0になる」というのがポピュラーでしょうか。ア…

ゲーム垂れ流し39本目 グーニーズ2 ~フラッテリー最後の挑戦~

皆様、「グーニーズ」という映画はご存知でしょうか? マイキー、マウス、データ、チャンクから成る4人のメンバー「グーニーズ」と、マイキーの兄や恋人とその友人が偶然宝の地図を見つけることから始まる冒険を描いた、80年代の作品です。この映画をKONAMI…

「Cytus」のおかげで、やっとスマートフォン向けゲームを開拓できた。

理由は分からないのですが、僕はどうもスマートフォンでゲームをするのが長続きしないのです。別にスマホゲーだから面白くないとか、コンシューマ機で遊んでこそゲームだなんていう考えは無く、面白ければ何でもアリだと捉えているんですけどね。 どんなスマ…

ゲーム垂れ流し38本目 ルフランの地下迷宮と魔女の旅団

ダンジョンRPGというジャンルを生み出したアメリカでは、現在「古くさいジャンル」として見なされているそうです。 実際は細かい変更や新しいシステムなどを取り入れて様々な試みがなされているものの、ダンジョンRPG自体が完成されたジャンルですから、大き…

QMA色々日記

『シューティング』検定以来でしょうか、久しぶりにQMAをプレイしました。一通りのモードを遊んだので、結果報告でも。 ~トーナメント・NEO LIMITED~ 今回のジャンルは文学ですね。このモードをプレイする人達は最早日々の問題をメモするのが当たり前のハ…

「見て学べ」と言う人、それは「見たら学べる」内容ですか?

「仕事は盗め。見て学べ」 ドラマなんかでは職人の世界でお馴染みのフレーズですね。 寡黙な親方が未熟な若手に背中で仕事を語る…ありがちだと分かっていても格好いいものです。世の中には様々な職種があるので一括りにはできませんが、「見て学ぶ」という行…

ゲーム垂れ流し37本目 ロリポップ・チェーンソー

ゾンビが出てくるゲームが好きな人って、やはり恐怖や緊迫感が醍醐味なのだと考えていますが、苦手な人はパッケージを手に取るのも嫌ですよね。そこにB級映画とアメリカンテイスト、チアガールを混ぜた作品なら、少し気になりませんか?おバカなノリとゾンビ…

ナンバリングを使用しない続編

あるゲームの評価が高ければ、プレイヤーの希望に応えるように続編が発表されます。続けて評価があがることでシリーズものになり、ゲームをプレイしない人でもタイトルは聞いたことがある、といった人気作品として語り継がれるかもしるません。 マリオやポケ…

ゲーム垂れ流し36本目 マリオカート64

今はネット環境のおかげで、いつでも誰とでもゲームがプレイできる、すごい世の中になったなぁとつくづく思い知らされます。僕が子供の頃はゲームセンターに行くか、専用の機器を別途購入しなければ多人数でのプレイは不可能でした。 そんな時に次世代のハー…

ゲーム垂れ流し35本目 超原人2

今回紹介するゲーム、シリーズ化されているのにWikipediaにもないんです。誰も紹介してないっぽいなら自分で紹介してしまえ!というノリで作りました。馬鹿馬鹿しさ全快なのに笑えて、そしてとにかく明るく楽しいですよ! ★超原人2(SFC) このシリーズって、…

レトロゲームの線引きってどこになるの?

ゲームショップに行くと結構ありますよね、レトロゲームコーナー。昔を知っている人なら懐かしさのあまり手にとってしまいますし、知らない人なら当時の技術に時代を感じさせる、魅惑のコーナーだと思います。 ところで、レトロゲームの線引きってどこだか分…

ゲーム垂れ流し34本目 ウィザードリィIII ダイヤモンドの騎士

今回は久しぶりにダンジョンRPGについて書くので張り切ってますが、このゲームの内容ばかり書いていては懐かしむだけになってしまいそうなので、プレイしたことがない人にも挑戦してみて欲しい事柄を中心に述べていきたいと思います。 基はPCですが、このシ…

QMA シューティング検定ランクSに届きました!

↓前回の記事はこちら 本日、QMAのシューティング検定をプレイしてきましたが、何とかランクSまで辿り着きましたっ!! 何度も挑戦しましたが、このスコアが僕の限界…というより、これ以上先に進める気がしないですし、もう問題を解く気力は欠片も残ってない…

QMA 10月10日からシューティング検定開始です!

様々なジャンルから出題されるクイズに答える「クイズ マジックアカデミー(以下QMA)」から、10月10日に『シューティング』検定が開始されるそうです。 そんなにやり込んでないうえにオツムの出来がよろしくない僕ですが、この項目はSランク取りたいですね! …

ゲーム垂れ流し33本目 ドラゴンズクラウン

ファンタジーの世界に浸る要因は、人によって様々であると思いますが、ドワーフやエルフなどの異種族や恐ろしいモンスターが登場したり、伝説の武具の存在を仄めかされれば心踊りますね。 或いは、その作品の世界設定も重要なファクターでしょう。 僕はその…

ゲーム垂れ流し32本目 レミュオールの錬金術師

「作業ゲー」と言ってしまうと、あまりプレイヤーからは歓迎されないワードではあります。ですが、そこに一歩先を考えさせる要素が加わることで、止め時が見つからないゲームに大変身するのだと思い知らされました。 フリーゲームの作品なのですが、なんと後…

ゲーム番外編 食べ物

僕達が生きていくには、食べ物は必要不可欠です。最悪、寝床と睡眠は野宿という方法でも何とかなるのかもしれませんが、食事だけは自身で能動的にならなければどうしようもありません。 そんな身近で当たり前のものだからこそ、ゲームにおいても食べ物はプレ…

ゲーム垂れ流し31本目 ガンバード

かつて「彩京」と呼ばれる企業がありました。独特な世界観やキャラクター、斜め上では済まされないぶっ飛んだ個性派集団ではありましたが、アーケード業界に大きな風を吹かせてくれた企業です。 残念ながら今はもう消滅(クロスノーツに名前だけは残っていま…

ゲーム垂れ流し30本目 ロックマン

何だか久しぶりのゲーム紹介ですね。説明不要のシリーズですが、当時を思うと完成度の高さに驚かされますよ。 ★ロックマン(FC) 200X年、ロボットと人間が共存する時代。ある日、工業用ロボット製作の第一人者であるライト博士に、自身が開発したロボット達が…

「ルフランの地下迷宮と魔女の旅団」は、新時代のダンジョンRPG幕開けを告げる会心の作品!

まだクリアはしていませんが、久しぶりにドハマりしています。 「ルフランの地下迷宮と魔女の旅団」に。これまで多くのダンジョンRPGを楽しんできましたが、ここまでのめり込んでいるのはいつ以来だったでしょうか。 それほどにこの作品は面白く、新しいです…

ゲーム垂れ流し29本目 CODE OF PRINCESS

今回の作品を語ろうと思ったのは、2016年の4月にsteamで発売されたのを唐突に思い出したからです。もちろん、面白かったのは間違いないのですが、何かのきっかけで思い出した時の方が文章の運びが良いことが多いので、紹介する順番を変更して、急遽紹介する…

『ライドアーマー』が、レプリロイドの世界を補完する。

人とレプリロイド(人間に近い思考回路を持ったロボット)が共存する世界を描いた「ロックマンX」シリーズ、面白いですよね。レプリロイドと人は共に歩めるのかというのをメインテーマに、科学が進化した世界に説得力を持たせてプレイヤーを惹き付けました。僕…

ゲーム垂れ流し28本目 ルーンファクトリー3

牧場物語シリーズをプレイしたことはありますでしょうか?野菜や花を育てるのは楽しいですよね。 では、そこに「冒険」の要素を追加したら、どうなるのか?今回は、そんな大人気シリーズを紹介します。 ★ルーンファクトリー3 (DS) 嵐の夜、一匹の金色のモコ…

「アーマード・コア」が苦手な人のための攻略・解説

リアルな挙動と秀逸なデザインの魅力を持ちながら、初心者お断りの雰囲気を漂わせる、アーマード・コア。やってみたいけど難しそう…。そんな尻込みしている方が、アーマード・コアを楽しくプレイするために、微力ながらお手伝いできればと思います。最初は難…

ポケモンGOから始まる第一歩。

以前の記事でポケモンGO…というより、任天堂の未来について触れましたが、はてなブログ内でも色んな人が自身の考えを述べていましたね。多くの意見や疑問、考察などは見ていてとても参考になりました。因みに僕が任天堂に対して考察したのが↓。 宜しければど…

映画事業にスマホ参入。任天堂に不安はあるのか。

ポケモンGOが社会現象を巻き起こしていることは、僕が言及するまでもないことでしょう。 株価は爆発的に上がり、ポケモンの人気を今一度再認識させてくれたのはもちろんですが、何よりもスマホゲームにおける開発力と発想力、そして課金システムへの配慮から…

ゲーム垂れ流し27本目 アーマード・コア3

ゲームをプレイする時に、シリーズものに途中から手を出すのはけっこう勇気がいりますね。 1つ1つの作品が完結していたとしても、初代からプレイしているからこそ楽しめる要素があるのではないか、と考えてしまう僕は小心者なのかもしれません。それに加え…

ドラゴンズクラウンで【揺らす】。

※大変お下劣です。 嫌な方、ジョークが嫌いな方はブラウザバックでお願いします。 本当にいいんすか? 漢の時間を始めましょう。 ドラゴンズクラウンはプレイしたことがありますか? 昔懐かしのベルトスクロールアクションに、ファンタジーとRPGの成長要素、…

ゲーム垂れ流し26本目 ボンバーマンビーダマン

一時期、本当に流行りましたよね、『ビーダマン』。知らない人に説明しますと、ボンバーマンのお腹に穴が空いていて、そこにビー玉をセットしてから、背中のトリガーを押すとビー玉が飛び出す…というおもちゃです。ビーダマン 01 スーパーボンバーマン しろ…

ゲーム垂れ流し25本目 サウザンドアームズ

1998年の12月。 この年のゲーム業界の商戦ラッシュを、僕は未だに覚えています。「エアガイツ」「幻想水滸伝2」「マール王国の人形姫」「エリーのアトリエ」「EVE The Lost One」… まだまだありますが、どれもが非常に魅力的なゲームで、ゲーム雑誌をずっと…

開発者の「願望」を、消費者は望まない。

ちょっと過激なタイトルになってしまったでしょうか?今回の話は、僕の主観による考え全開でして、言いたいことが伝わるのかどうかが不安です。しかも説教くさいときてますから、んな話聞きたくねぇよって人はブラウザバック推奨です。 それでも構わないとい…

ゲーム番外編 「宗教に属した戦士」

RPGをプレイしていると様々な戦士に出会いますね。彼ら個人の出自や性格だけでなく、「どこの組織に属しているか」も戦闘スタイルに大きく関わってくるものではないでしょうか?そのなかでも教会や神殿など、RPGに欠かせない要素である、宗教。 プリーストだ…

「ロックマン4」 バスターのみで8ボスを倒してみよう

以前にスカルマンを観察したついでに単発企画モノをしてみたくなったので、ロックマン4で特殊武器を使わずに8ボスを倒すことに挑戦してみました。 初めてゲームブログっぽいことしてる気がします。毎回泣きながらロックマンをクリアしてきた程度の腕前なので…