読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームの話ばかりで人生設計が地下迷宮。

ゲーム(たまに雑記)を中心に話を垂れ流す、見る人のハートを損得+-ゼロにする日記。つか要点掴んで話するの苦手なので最早ダイイングメッセージ。

ハーフパンツのお話。

雑記

生きていれば色々な目標があるとは思いますが、そのなかでも人生とか仕事とかそんな大それたモノとは程遠い小さな目標ってありませんか?


僕の小さな目標の1つに、


「生涯ハーフパンツを履ける人になる」


というものがありまして。


年齢を重ねたからそれなりの服装で…なんて考えていると、どんどん老け込みそうな気がしません?
歳をとるのは仕方がないことですが、気持ちまで一緒に老いることは良くないと思うので、可能性を服装から広げていきたいというのがこの目標につながっています。

でもある程度はさまになっていないと変な目で見られるわけで、「まぁあちらの方は朝から罰ゲームだなんて一味ちがうわね」とかマダムに噂されるのはご勘弁願いたいです。
そのためには着用していても自然でいられる様に、今からの努力が必要だと思うのです。
要は自分に対するメモ書き。


~その1 普段からハーフパンツを着用する~

日常的に着用していれば、自然と立ち振舞いができてくるのでは、という考え。

大学の入学式でスーツに着させられているかの様な人が、就職活動をこなしている時には段々と似合ってくるといった理論。


~その2 なるべく体型を維持~


ボトムスの上にお腹がのっているのは目立ちやすいですが、ハーフパンツだと個人的主観では4割増で目立つ気がします。
まぁ健康の為にも体重は増やさない方向で。糖尿病になったら困るし。


~その3 露出部分を清潔に~


脚の半分は見える服装なのですから、当然不快感を与えないだけの努力は必要ですね。
もし毛が濃くなったら整えるなど、準備はしておきたいと思います。


~その4 全体のバランスもきちんと考える~


いくらハーフパンツを着こなしても、その他の服装がかみ合ってないと台無しなのは自明の理。
色合いやトップスの種類は良く考えておきたいですね。


~その5 どうしても無理なら諦める~


どうしても似合わないとなれば、無理に履いて他人の目を気にするのも疲れるだけ。
そもそも小さな目標の1つだし、それに気を遣って疲弊するくらいなら別のアプローチもあるはずですから。
撤退する勇気も必要。



取り敢えずはこんなところですかね。
後は仕事を定年退職出来たらロン毛にしたいですが、こっちは髪がもつかどうか…。
その前に定年まで仕事できるのかなぁ…。



~余談スペース~


・ハーフパンツを挙げた理由に、夏の暑い日の休みに起きたままコンビニ行きたいってのもあります。楽ちん。

・よく考えると、きわどい下着っぽい名前だと思いません?