読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームの話ばかりで人生設計が地下迷宮。

ゲーム(たまに雑記)を中心に話を垂れ流す、見る人のハートを損得+-ゼロにする日記。つか要点掴んで話するの苦手なので最早ダイイングメッセージ。

DOAX3 ビーチバレー攻略・解説

ゲーム 脱・初心者のためのゲーム攻略 PS4 PSVita アクション 恋愛

DOAX3のバレーボール、難しいというよりは、「どうすれば良いのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

しかもバレーはお金を稼ぐメイン収入源。
勝てないと時間が掛かり、辛いものです。

ここではDOAXシリーズを初めてプレイする方、バレーが苦手で桃源郷が遠くて困っている方にも、なるべく分かりやすく解説、攻略していきたいと思います。
これができれば相手がHARDでもそこそこ勝負にはなる…はず。

※あくまで個人の体感です!
数値的なデータはありませんので、参考程度に。


~基本の操作~


基本的には、左スティックでボールの方向を決め、タイミング良くボタンを押す、この2種類です。
つまり、ボタンのタイミングが間違ってなければ、大抵は相手コートに届きます(ネットに引っ掛かる場合もあります。詳しくは後述)。

まずは慌てないこと。
慌てない為には、最初の内はボタンのタイミングに比重を置くとやりやすいと思います。


~スパイク~


・ボールが上に上がり、キャラクターがジャンプ頂点に達したら、一瞬間を開けてからボタンを押すとベストタイミングになりやすいです。
ゲーム内のベストタイミングの説明は、間違ってはいませんが誤解しやすい内容ですので注意!

・たまにコートの後ろでジャンプする『バックスパイク』ですが、後述するコース選択で、相手コートの奥を選ばないとネットに引っ掛かりやすいです。
CPUも割と失敗することがありますので、自信がない時は○ボタンでフェイントにして確実に相手コートに返しましょう。

せっかくの攻撃チャンスなので勿体ない気持ちも分かりますが、自爆するよりはマシです。次に繋げましょう。

フェイントですが、相手がブロックしてきた時に使うとかなり効果的です。スティックを左上に傾けながら○ボタンを押せばかなりの確率で得点になります。

これはHARDでも通用する戦法なので、相手がネット手前で膝を曲げたらフェイントをガンガン使いましょう。

・相手のブロックをスパイクで吹っ飛ばすこともできますが、パワータイプのキャラクターでないと厳しいので、あまりオススメしません。
『ほのか』『ヒトミ』はけっこう成功しやすい気がしますが、フェイントより信頼性は低いです。


~サーブ~


ノーマル、アンダー、ジャンピングと、3種類ありますが、ジャンピングサーブの練習はしておくと良いと思われます。


・ジャンピングサーブがベストタイミングで打てる様になると、CPUはベストタイミングのスパイクを放つ頻度が減ったり、バックスパイクをしてネットに引っ掛かることが多い気がします。
特に『こころ』『ほのか』はバックスパイクを失敗しやすいと思われます。

・とはいえ、1点を争う時に自信がなければ、確実に相手コートに届くアンダーサーブを使うのも充分にアリです。
技量と状況に応じてどちらのサーブを使うのか、それだけで失点が防げます。

・CPU2人共にHARDだと、ジャンピングサーブがベストタイミングでも、あまり失敗や自爆をしない気がします。



~レシーブ、トス~


相手に得点させないためにも、レシーブは非常に大切です。

・レシーブを受ける位置を考える。
パートナーと同じ位置に立っていても仕方ないので、お互いが自分のコートの中央で左右それぞれを担当するとそこそこボールを拾えます。

・レシーブに関して言えば、実はスティックを入力しなくても、ボタンだけである程度の範囲のボールを拾ってくれます。
慣れない内はボタンだけ意識しましょう。
トスはスパイクの打つ位置を決定しますので、余裕があればスティックの入力を推奨します。

タイミングが難しいのでブロックは控えましょう。
仮にタイミングが良くても


スパイクで弾かれたり、

相手と自分の位置が少しでもずれているとスパイク方向でスルーされたり、


リスクが大きいのです。
パートナーのみでコートを守るのは厳しいです。

パートナーがネットの手前に張り付こうとするなら、右スティックを下に押して下がらせましょう。
これに関しては、まだ自分の方が拾える可能性は高いので、ビーチバレーに慣れて操作する余裕ができてからで構いません。
パートナーの守備する位置は、後述の「コース選択」を参照して下さい。

・現実のビーチバレーでもそうですが、2人でコートを守るのはしんどいです。
拾えない時は拾えないので、そういう時は「そんなもんだ」と思う気持ちも重要。


~コース選択~


左スティックのコース選択ですが、

①スティックを上に…相手コートの左側

②スティックを下に…相手コートの右側

③スティックを左に…相手コートの手前側

④スティックを右に…相手コートの奥側


となっています。
余裕があれば、相手のいる位置から逆算してスパイクが打てると得点できる確率がぐっと上がります。


~なかよしレベルを上げる~

・どうしても勝てないなら、パートナーのなかよしレベルを上げましょう。
レベルが高ければ高いほど、パートナーは精度の高いプレーが増え、アホなプレーが減ります。

他のアクティビティで下準備ができてからビーチバレーに挑むのも手です。
パートナーに助けられていく内に掴めることもありましたので。





如何でしたか?
周回プレーが基本のゲームですから、負けても気にしなくて大丈夫です。
「あ、ちょっと上手くなったかも」って思えたら、バレーが楽しくなりますよ!




~余談スペース~

・一部の文章を追記させて頂きました。レシーブの欄が該当しますので、確認してもらえると幸いです。

・水着集めの方法の記事を作成しました。
宜しければこちらもご参考にどうぞ。


※表記をミスってました…。現在、修正済みです。
心からお詫び申し上げます。

・アレがアレな所でアハーンな点ばかり注目されがちですが、このゲームのビーチバレー、絶対面白いとおもうんですよね。水着より先にビーチバレーボール全種類揃えるくらいには楽しんでます。


















まぁ結局は煩悩が勝つんですが。