読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームの話ばかりで人生設計が地下迷宮。

ゲーム(たまに雑記)を中心に話を垂れ流す、見る人のハートを損得+-ゼロにする日記。つか要点掴んで話するの苦手なので最早ダイイングメッセージ。

ミニ映画レビュー 「シン・ゴジラ」

当ブログは流行が終わってから語る事が多いですね。

まぁ狙ってやっているので気にはしていませんが、今回の話である「シン・ゴジラ」は、今更ながら友人に勧められて観ることになりました。


ぶっちゃけ、ゴジラ興味ないんですよね。

ゴジラを観たことのない人も楽しめる」
「むしろ観てない人でも面白い」
とか言われても、『ゴジラ』って単語にピンとこない人間からするとどうも気が乗らなかったのですが、ここまで押されたからには一回は映画館に足を運ぼうかという気になりました。


僕は「ゴジラ」シリーズを観たのはこれが初めてで、過去の知識など何一つ持ち合わせていません。
僕なりに面白い・気になった点を挙げてみます。

ネタバレを含みますが、それでも大丈夫という方のみ閲覧下さい。






























~多数のシーン変更は是か非か~


この作品は話している人物を中心に写すので映像がスピーディーに、つまりシーンの切り替わり頻度の多さが特徴です。


序盤のゴジラに対しての方針を決める会議などにおいては、進行の遅さや議会での承認の煩わしさといった本来なら間延びしそうな展開にも、上記の手法のおかげで一向に進まない議会の印象とテンポの良さから映画に集中できる環境を観客に与えてくれます。

中盤ではゴジラの登場によって登場人物達の思いが錯綜する様はシーン切り替わりの妙を感じますし、終盤の「ヤシオリ作戦」などは多くの人が関わっているが故の共闘感を味わえます。


反面、このシーン切り替わり手法は最初から最後まで存在します。
物語上仕方のないこととはいえ、ゴジラの行動や生態・議会の動向や対策といった「報告」が主流になりがちなため、手法と相まって1つ1つの事実をぶつ切りで述べているように見えなくもありません。

映画を観てしばらくは気にならないのですが、後半辺りから「ひょっとしてずっとこの形を繰り返すのか?」と一度現実に引き戻されたのが残念でした。



~日本に上陸するということ、それだけで恐怖~


肝心のゴジラですが、今作は他の怪獣と戦ったりしません。
あくまでゴジラの出現に対して日本はどのように乗り越えるのか、が主流になっています。

出現当初は僕達の知っているゴジラからは程遠い、きったねぇイグアナ皮膚が柔らかく四つ足歩行の形態となっています。
途中で二足歩行に進化を遂げ、ここでようやくいつものゴジラに変貌します。


ここが面白いところなのですが、ゴジラが市街地を破壊するときは歩行という手段しか用いられていません。
光線を出したり尻尾で凪ぎ払うこともしません。尻尾で建物が壊れることがあったとしても、それはあくまで移動の関係上でしかありません。

それでも歩いた後は何も残らない、まさに災害という言葉がぴったりの有り様であり、ゴジラにとって人類の生活圏を脅かすのに特別な力は必要ないことを見せつけてくれます。
派手な力で街中を破壊するよりも恐ろしく、リアリティある表現になっていると思います。


気になったのは米軍の攻撃に対するゴジラの攻撃方法ですね。
身体中から沢山の光線が放出されるのですが、光線の軌道のせいなのかゴジラという生物に似つかわしくないからなのか、ちょっと胡散臭さがありました。

次々に米軍の戦闘機を墜落させるシーンでは、「ゴジラってすごいな」というよりもゴジラってズルいな」と感じてしまったのが正直なところです。
ゴジラガンダムみたいなことしてるような。



~面白い。だからこそ目につく~


シン・ゴジラ」は今年の映画の中でもかなり面白いのではないでしょうか。石原さとみの英語の発音が気になるなどの話題もありましたが、個人的には全く気になりませんでした。

ただ、
70点、70点、70点…
だとなんとも思わないものですが、

90点、90点、60点、90点…
といったように、突然「ん?」と思う落差が生じるのが勿体なかったですね。2回、3回と観ることで深みが増す映画なのかもしれません。


絶賛とまではいきませんが、価値ある映画に仕上がっていますので、興味のある方は今のうちに観賞してみては如何でしょうか。



ゴジラ シン・ゴジラ 2017カレンダー 壁掛け

ゴジラ シン・ゴジラ 2017カレンダー 壁掛け



~余談スペース~


・また懲りずに映画レビューなんぞをしてみましたが、ゲームと違って「実際にプレイした感覚」が無いのが難しいですね。
逆説的ですが、ブログではその感覚で表現することに頼りすぎていたともいえますから、他の引き出しも増やさないといけませんね。


・「てるてる家族」から知っている身としては、石原さとみは見た目を大きく変えることなく雰囲気を変えるのが巧いように感じます。


・つまり好みってことです。